header_logo.GIF

グローバル・シーは、世界の中古ヨットを紹介しています。

見積依頼は こちらから

新着記事

2024年05月22日

【関西ロボットワールド2024】3展総称 サービスロボット展/産業用    ロボット展/次世代モビリティ展 〜来場事前登録受付中!〜

posted by Mark at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月08日

【特集】「ウォーカブルなまちづくり」のご案内         2024年5月14日(火) 18:30〜19:30

    https://www.kerc.or.jp/seminar/2024/04/514bizcoki-talk.html
=============================================
5月14日(火)、九州経済調査月報の内容を九経調研究員が解説する
BIZCOLI TALKを下記の通り開催致します。

【Report】
◆ウォーカブルなまちづくりの意義と展開
◆ウォーカブルなまちづくりの持続可能性
                          :魅力的なまち歩きコース開発の試案
◆熊本市におけるウォーカブルなまちづくりについて

【開催概要】
◆日 時 :2024年5月14日(火)18:30〜19:30
 ※ZoomによるWEB限定のセミナーとなります。インターネットを通じて
   開催します。BIZCOLI会場ではございませんのでご注意ください。

◆登 壇:
  江崎 潤 氏(熊本市 都市建設局 都市政策部 市街地整備課)
  宋 謙 氏(九州共立大学 経済学部 准教授/
       和歌山大学 国際観光学研究センター 客員フェロー)
  八島 雄士 氏 (和歌山大学 観光学部 教授)
  秋野 隆士 (九州経済調査協会 調査研究部 研究員)

◆司 会: 清水 隆哉   九州経済調査月報 編集長/事業開発部 研究主査

◆参加費 :賛助・BIZCOLI会員 無料、一般 2,000円
                                   (※クレジットカード決済のみ)

◆締 切 :2024年5月13日(月)迄にお申込下さい 
                             ※事前のお申し込みが必要です。

◆主 催 :(公財)九州経済調査協会

◆お申込・お問合せ :(公財)九州経済調査協会 BIZCOLI
posted by Mark at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月02日

大阪商工会議所×日本経済新聞社 共催シンポジウム 〜  『まちごと万博』始動! “まちなか”からつくる、新しい万博のカタチ

https://r26.smp.ne.jp/u/No/807139/69PciaH7ci0D_73033/0513D39240314011.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
本シンポジウムでは、まちに生きる人々だけでなく、国内外の多様な人々と
ともに創り上げる「まちごと万博」をテーマとして掲げ、大阪のまち全体で
盛り上げる新しいカタチの万博への期待や、万博後に日本・大阪に残して
いきたいもの、そのために必要な取り組みなどについて、まちの盛り上げに
取り組む強力な”面白”プレイヤーの視点で議論します。

日 時:2024年5月13日(月) 15:30〜18:00
場 所:大阪商工会議所 7階 国際会議ホール
   (大阪市中央区本町橋2−8)
対 象: 全対象向け
定 員:250人(先着順)
参加費: 無料(会員・一般とも)
締 切:2024年5月8日(水)
詳細・申込:タイトル欄のURLをご覧ください。
主 催: 日本経済新聞社大阪本社、大阪商工会議所
問合せ:大阪商工会議所 総務企画部 企画広報室
     TEL:06−6944−6304 FAX:06−6944−6250
posted by Mark at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月01日

企業立地フェア 2024」に出展〜神戸市と共に兵庫県への企業進出を支援します◆◇

⇒ https://hyogo-kobe.jp/his/2024/04/04/
兵庫県ビジネスサポートセンター・東京は神戸市と共同して「 企業立地フェア 2024 」に出展し、ひょうご・神戸のビジネス環境をPRするとともに、進出を希望される企業の皆様のご相談に応じます。
○日時
5月15日(水)〜5月17日(金)10:00〜17:00                     
○場所
東京ビッグサイト 西展示棟 西3ホール(東京都江東区有明3−11−1)
フェア公式サイト:https://www.noma-bcd.com/
○問い合わせ先
兵庫県ビジネスサポートセンター・東京
TEL:03-3230-2721
posted by Mark at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月26日

大型ブルドーザー買いたし

(CAT)Ⅾ8ないし、(KOMATSU)D155

以上のブルを探してます。

(D10やD375クラス迄、大丈夫です)


売りものが在るようでしたら直ぐに

検品に伺いますので、グローバル・シー有限会社に

ご一報のほどをよろしくお願い申し上げます。



posted by Mark at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 探してます。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月09日

令和6年度アグリビジネス創出支援事業の公募開始

兵庫県の農林水産業の活性化や持続的な発展に向け、

農林漁業者や食関連企業等、多様な分野の事業者が連携し、

県産農林水産物を活用した新商品や新サービス等を創出する

そんなアグリビジネスのスタートアップを支援するため、

提案公募型の補助事業(経費補助・伴走支援)を実施します!

 

1.事業概要

対象となるプロジェクト:県産農林水産物を活用した

新たなアグリビジネスを生み出すプロジェクト

(例)新しい加工技術による新商品の開発、

地域の特性を活かした流通システムの構築、

農観商工連携による新たな旅行商品の開発等

補助額:上限100万円

補助率:3分の2以内

補助期間:1年間(補助金交付決定の日から令和737日(金曜日)まで)

補助対象者:次の全ての要件を満たす共同チームを対象とします。

1)県内の農林漁業者(農林漁業団体を含む。)が主体となって取り組むプロジェクトであること。

2)新たに創出した商品やサービスの製造、販売等が可能な民間企業等(食関連企業等)をチームに含むこと。

3)多様な事業者((1)及び(2)を含む3者以上)が連携するネットワークを構築すること。

 

2.公募期間・提出方法

期間:令和645日(金曜日)から510日(金曜日)まで

提出方法:総合農政課へ電子メール(又は郵送)

提出先メールアドレス:sougounousei@pref.hyogo.lg.jp

※総合農政課から受付完了メールを送信します。

 提出後3日以内(土日祝祭日を除く)に受付完了メールが届かない場合は、

 お手数ですが、総合農政課あてお電話等にてご連絡ください。

 

3.その他詳細

PRちらし及び公募要領をご参照ください。

以下の兵庫県HPにも掲載しています。

https://web.pref.hyogo.lg.jp/nk02/press/20240405.html

posted by Mark at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和6年度アグリビジネス創出支援事業の公募開始

兵庫県の農林水産業の活性化や持続的な発展に向け、

農林漁業者や食関連企業等、多様な分野の事業者が連携し、

県産農林水産物を活用した新商品や新サービス等を創出する

そんなアグリビジネスのスタートアップを支援するため、

提案公募型の補助事業(経費補助・伴走支援)を実施します!

 

1.事業概要

対象となるプロジェクト:県産農林水産物を活用した

新たなアグリビジネスを生み出すプロジェクト

(例)新しい加工技術による新商品の開発、

地域の特性を活かした流通システムの構築、

農観商工連携による新たな旅行商品の開発等

補助額:上限100万円

補助率:3分の2以内

補助期間:1年間(補助金交付決定の日から令和737日(金曜日)まで)

補助対象者:次の全ての要件を満たす共同チームを対象とします。

1)県内の農林漁業者(農林漁業団体を含む。)が主体となって取り組むプロジェクトであること。

2)新たに創出した商品やサービスの製造、販売等が可能な民間企業等(食関連企業等)をチームに含むこと。

3)多様な事業者((1)及び(2)を含む3者以上)が連携するネットワークを構築すること。

 

2.公募期間・提出方法

期間:令和645日(金曜日)から510日(金曜日)まで

提出方法:総合農政課へ電子メール(又は郵送)

提出先メールアドレス:sougounousei@pref.hyogo.lg.jp

※総合農政課から受付完了メールを送信します。

 提出後3日以内(土日祝祭日を除く)に受付完了メールが届かない場合は、

 お手数ですが、総合農政課あてお電話等にてご連絡ください。

 

3.その他詳細

PRちらし及び公募要領をご参照ください。

以下の兵庫県HPにも掲載しています。

https://web.pref.hyogo.lg.jp/nk02/press/20240405.html

posted by Mark at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月03日

【神戸ストークス🏀】無料観戦ご招待も継続実施中

神戸商工会議所経由でお申込みいただければ
ご家族皆様「無料」となる大変お得なキャンペーンです。

4/20(土)16:00開始 vs 熊本ヴォルターズ
4/21(日)14:00開始 vs 熊本ヴォルターズ

☆ご案内チラシはこちら!☆
【URL】https://www.kobe-cci.or.jp/pdf/240311_kobestorks.pdf

★専用フォームからお申込みください★
【URL】https://bleague-ticket.psrv.jp/sales/NS/flex20232402/kobe-cci
posted by Mark at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月28日

大阪城東部地区(UR森ノ宮団地等)における実証実験を募集


開催日時

2024年3月26日(火) 〜 2024年5月10日(金)
実証実験実施期間は2025年3月31日まで

対象

全対象向け (※新たな製品・サービス等の事業化に向けて、責任を持って実証実験を行うことのできる法人その他の団体)

主催

大阪商工会議所 独立行政法人都市再生機構

協力

実証事業推進チーム大阪(構成:大阪府、大阪市、大阪商工会議所)

募集内容

1.募集する実証実験の内容
大阪城東部地区のUR都市機構所有のエリアにおいて、「あたらしい関係や交流の形成」を促進、そこからの「あたらしい価値の創出」を目的に、先端技術を活用した実証実験。
特に地域課題解決や地域住民へのサービス向上、地域内施設を対象とした維持管理のコスト縮減等に資すると期待される実証実験を歓迎します。

2.対象分野
(1) 先進的なまちづくり
(2) IoT、RT(ロボットテクノロジー)
(3) 自動運転
(4) ドローン
(5) AI(人工知能)
(6) ヘルスケア
(7) オープンデータ、ビッグデータ

3.応募資格
責任を持って実証実験を行うことのできる国内に研究・活動拠点を有する法人その他の団体で、次の要件に該当する法人その他の団体とします。
・代表者、役員又は実質的に経営を支配する者が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律
(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員又は第16条第3項に規定する密接関係者に該当する者がいないこと。

 ※応募者が応募資格を満たさないことが事後的に発覚した場合、
  応募者によるエントリーは遡及的になかったものとして取り扱います。

実験実施場所と実験(公募・実施)期間


1.実験実施場所
(1)旧森之宮庁舎
(2)UR森之宮団地及びUR森之宮第2団地

2.実験公募期間
2024年3月26日(火)〜2024年5月10日(金)17時まで

3.実験実施期間
2025年3月31日(月)まで
posted by Mark at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月19日

りそなアジア・オセアニア財団 第50回セミナー    「未来社会のパビリオンを覗く     〜あと353日、全貌が見えてきた大阪・関西万博〜」

◆日 時:2024年4月25日(木曜)14時30分〜17時30分(受付開始:14時00分)
◆場 所:ウェスティンホテル大阪 2階 オリアーナ
    (大阪市北区大淀中1-1-20) およびオンライン
◆参加費:無料
◆申込締切:2024年4月22日(月曜)
◆詳細、お申込み、お問い合わせはこちら↓
https://www.resona-ao.or.jp/pdf/20240425.pdf
posted by Mark at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

】「九州のソーシャルビジネス」のご案内           2024年4月9日(火) 18:30〜19:30

        https://www.kerc.or.jp/seminar/2024/03/49biacoli-talk.html
==================================================
4月9日(火)、九州経済調査月報の内容を九経調研究員が解説するBIZCOLI
TALKを下記の通り開催致します。

【Report】
◆ソーシャルビジネス〜ソーシャルビジネス循環モデル地域の形成にむけて
◆休眠預金事業を通じて九州に誕生した新たなソーシャルビジネスの芽
 〜ソーシャルビジネス循環モデル地域形成事業の実行団体のビジネスモデル〜
◆九州地域におけるソーシャルビジネスの理解と活用
 〜地域中核企業とソーシャルビジネスカンパニーに対するアンケートから

【開催概要】
◆日 時 :2024年4月9日(火)18:30〜19:30
  ※ZoomによるWEB限定のセミナーとなります。インターネットを通じて開
  催します。BIZCOLI会場ではございませんのでご注意ください。

◆登 壇:岡野 秀之(九州経済調査協会 常務理事 兼 事業開発部長)
     能本 美穂 (九州経済調査協会 調査研究部 次長)
     原口 尚子 (九州経済調査協会 調査研究部 研究主査)

◆司 会:清水 隆哉   九州経済調査月報 編集長/事業開発部 研究主査

◆参加費 :賛助・BIZCOLI会員 無料、一般 2,000円
                                    (※クレジットカード決済のみ)

◆締 切 :2024年4月8日(月)迄にお申込下さい 
                             ※事前のお申し込みが必要です。

◆主 催 :(公財)九州経済調査協会
posted by Mark at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月15日

6次産業化・異業種連携啓発事例集 (ひょうごの「農」イノベーションのススメ〜6次産業化と異業種連携〜

この度、農林漁業者等が6次産業化や異業種連携に取り組む意欲を醸成し、

県産農林水産物の新たな価値を創出することを目的に、6次産業化・異業種連携啓発事例集

(ひょうごの「農」イノベーションのススメ〜6次産業化と異業種連携〜)を作成しました。


県内で6次産業化や異業種連携に取り組む10事業者の方々に、

「取り組んだきっかけ」や「工夫しているポイント」について取材した内容をまとめています。


以下のとおり掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

1 事例集データ:ひょうごの「農」イノベーションのススメ〜6次産業化と異業種連携〜 冊子が完成しました! - 農イノベーションひょうご (nou-inno-hyogo.jp)

 
  




2 事例集動画:https://www.youtube.com/channel/UC1kM9S-IHlAOridJ5zO0daQ


 
  






農林漁業者や関連事業者の方々が、

今後新たに6次産業化や異業種連携へチャレンジするきっかけになりましたら幸いです。



※個人情報保護の観点から、宛先を1件ずつ送信しています。

2 個の添付ファイル • Gmail でスキャン済み



posted by Mark at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月08日

第9回会津大学ロボットシンポジウム」開催

第9回ロボシンポポスター.pdf

 会津大学では、公益財団法人福島イノベーションコースト構想推進
機構との共同
により、「第9回会津大学ロボットシンポジウム」を開催します。
 今回のシンポジウムでは、県内を中心とした民間企業と共に2021年度から取り組
んできた「クラウドロボティクス(複数のロボットシステムをネットワークで結ぶこと
でロボットの性能をより高度化しそのロボットの開発を容易にする仕組み)」や、
実空間と仮想空間を統合する「デュアルスペースロボティクス」などのロボット技術
研究開発の第3期成果発表を行います。

【概要】
◆ 日時:令和6年3月18日(月)午後1時〜午後4時30分
◆ 会場:会津大学先端ICTラボ(会津若松市一箕町大字鶴賀字上居合90)
     福島ロボットテストフィールド(南相馬市原町区萱浜字新赤沼83)
     2会場を中継で結びます。どちらかの会場にお越しください。
◆ シンポジウムの詳細、申込みは添付の開催案内をご覧ください。
◆ お問い合わせ先
  会津大学復興創生支援センター 電話:0242-37-2533
posted by Mark at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド